おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

    医療

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 19/12/21(土)14:31:57 ID:???
    ※,※大麻は麻薬の中ではもっとも広く使用されているレクリエーショナルドラッグ(娯楽目的の麻薬)で、2016年時点の使用者は全世界で1億9200万人以上いると推測されています。
    しかし、3000人以上の心臓をスキャンした大規模な調査により、大麻の常用は重大な副作用をもたらす可能性があることが判明しました。

    (略)

    分析の結果、大麻の常用者は心臓の左心室が大きく、初期の心機能障害の兆候が見られる傾向があったとのこと。
    また、高血圧治療薬を服用している可能性も高かったとのことです。左心室が大きくなった一方で、左心室全体の質量や、拍動により左心室が排出する血液の量の推測値は、ほかのグループとあまり変わりませんでした。また、左心室以外の心臓の部位にも、変化は見られなかったとのことです。

    また、5年以上前に大麻を常用していたグループは、大麻をほとんど使用したことがない人のグループと同じ結果だったことから、科学系ニュースサイトのInverseは、「大麻の常用を改めることで、大麻の乱用による有害な影響の一部を緩和できることが示唆されています」と指摘しました。

    https://gigazine.net/news/20191220-cannabis-impacts-heart/

    【大麻を乱用すると「心臓が変形する」可能性があると判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe 19/11/25(月)00:13:04 ID:1Lf
    東芝は25日、1滴の血液から13種類のがんいずれかの有無を99%の精度で検出できる技術を開発し、
    2020年から実証試験を始めると発表した。東京医科大や国立がん研究センターとの共同研究に基づく成果で
    、数年以内の実用化を目指す。
    (以下略)

    共同通信 11月25日
    https://this.kiji.is/571349995646157921?c=39546741839462401

    【【医療】血液1滴でがん13種99%検出[R1/11/25]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ■忍【LV28,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 19/11/11(月)15:15:10 ID:???

    パキスタンでエイズを引き起こすヒト免疫不全ウィルス(HIV)感染患者が1100人も確認された。
    この内12歳以下の児童が900人も占めており、ウィルスを感染させたのはこの地域の小児科医だったことがわかった。
    医師の名前はMuzaffar Ghangroで、彼はウィルス感染された注射器を再利用し、HIVウィルスを拡散させた。

    この事件はパキスタンのHIV集団感染事件として話題になっており、ウィルスを拡散された疑いで起訴され、小児科医は
    これまでにも診療活動を続けてきた。

    パキスタン南部のシンド州では4月からHIV感染者が続出、パキスタン保健当局と世界保健機構(WHO)がHIV感染者を
    検査した結果、住民200人に1人の割合で陽性反応が出ているが判明。

    (以下略)

    ゴゴ通信 11月10日
    https://gogotsu.com/archives/54948

    ◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 103◆ !max700
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572488930/
    【【ゴゴ通信】注射器を再利用しまくって1100人にHIV感染させた小児科医[R1/11/11]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆ciadbU3kq9FF 2019/01/12(土)19:15:47 ID:3N2
    厚生労働省は、次の新型インフルエンザ対策として国が用意している
    タミフルなどの抗ウイルス薬の備蓄方法を見直す方針を決めた。
    一部を製剤ではなく、粉末状態の「原薬」で備蓄する。
    製剤で保管するよりも場所を取らず、保管費用を減らせると判断した。

    11日開かれた、厚労省の小委員会で説明した。見直しの対象は、
    国が管理している約1750万人分のうち、約3か月で製剤に加工できる量。
    今後、製薬企業に具体的な見積もりをしてもらい、有効期限が切れる分
    から順番に切り替える。

    (略)

    現在備蓄している薬は5種類で、カプセルや吸入式の粉末剤などがある。

    読売新聞 2019年01月12日 19時09分
    https://www.yomiuri.co.jp/science/20190112-OYT1T50045.html

    【【医療】新型インフル薬、粉末で備蓄へ…保管費用を削減 [H31/1/12]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/05(金)13:20:34 ID:x7w
    比大統領、がんの検査中
    10/5(金) 13:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000064-jij-asia


     【マニラAFP時事】フィリピンのドゥテルテ大統領(73)は4日夜の講演で、がんの検査を受けていると明らかにし「今のところ自分がどういう状況なのか分からない。結果を待っている。しかし、がんであれば、がんだとはっきり言う」と語った。

     「末期なら治療は無理だ。苦痛を長引かせたくない」とも述べた。
    全文は上記urlで確認を

    【【フィリピン】ドゥテルテ大統領、がんの検査中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ホムンクルス◆oN7dKohdLoRV 2018/10/02(火)20:27:45 ID:bM8
    熊本市議会が先月28日、緒方夕佳議員が質疑中に「のどあめ」をなめていたとして定例会本会議を中断し、質疑を再開せず閉会したのは市民の請願権の侵害にあたるとして、質疑のテーマだった請願を出した市民団体
    「熊本市自治基本条例をより良くする会」(西村文雅会長)が1日、本会議の招集と質疑の再開を求める申入書を朽木信哉議長らに宛てて出した。後日、公開質問状も出すという。

     請願は、開かれた議会にするために議会基本条例制定などを求めていた。同会はこの日記者会見を開き、のどあめを口に含むのは、風邪による咳(せき)を予防するための「広い意味での医療行為」との見解を示した。
    また、議会の対応の問題点を指摘。議会側が会議規則の「品位の尊重」に触れると判断したことについて、会議規則のもととなる地方自治法に定める「品位の保持」は議員の議場での無礼な言葉などを禁じたものであり、
    のどあめをなめる行為への適用は「規則の恣意(しい)的な解釈だ」と批判した。

    朝日新聞DIGITAL 2018年10月2日6時39分
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLB13DNXLB1TLVB002.html?iref=comtop_8_05

    【「のどあめは医療行為」 熊本市議会に市民団体が抗議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/28(金)07:52:33 ID:rOH
    摂食障害から糖尿病、関節炎、うつ病にいたるまで、あらゆる病気が腸から始まるかもしれないことは、今や多くの科学者が知るところです。しかし、
    「第二の脳」と呼ばれる腸からの信号が、どのようにして脳へ伝わるかはこれまで明らかになっていませんでした。

    これまで科学者らは、血中のホルモンがこの伝達を間接的に担っていると考えていました。しかし今回、デューク大学医科大学院の研究者による研究で、
    腸から脳への情報伝達は、ホルモンよりももっと直接的かつ迅速な方法で行われることが示唆されました。研究はScience誌に掲載されています。

    私たちの「第六感」や「直感」は、もしかしたら腸から来ているのかもしれませんね。

    腸に不調をきたす人は、長生きできない 腸の冷えにはカレーが有効

    https://nazology.net/archives/20998

    【人間の「第六感」は腸からきている?】の続きを読む
        

    PAGE TOP

    Top