おまとめにも登録済み。
    timesavingにも登録済み。
    まとめーぷるにも登録済み。

    マスク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 20/07/27(月)23:32:42 ID:AJa
    https://www.asahi.com/amp/articles/ASN7W5SR4N7NUUPI007.html
    政府が新型コロナウイルスの感染防止策として始めた布マスクの配布事業で、
    介護施設や保育所など向けの布マスクの発注と製造が続き、今後さらに約8千万枚を
    配る予定であることが厚生労働省などへの取材でわかった。全戸向けの配布は6月に終わり、
    すでに店頭でのマスク不足も解消されて久しい。配布はいつまで続くのだろうか。

    【【朗報】男安倍、アベノマスク8千枚のおかわりをする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 20/07/18(土)21:18:55 ID:???
    ※フランスで、日本人の評価がぐーんと上がっている

     フランスをはじめ、欧米各国では、新型コロナウイルスによる日本の感染者数・死者数の少なさが注目されていますが、そんな中、日本人の株が上昇していると教えてくれたのは、在仏54年目の弓・シャローさんです。

    「日本人の株が私の周囲ではぐーんとあがっていて、その佇(たたず)まいや生活スタイルを見習おうという傾向があるんです」


    「ふだんからマスク」の日本流に称賛

     日本人の生活スタイルを見習うとは、具体的にはどういうことでしょうか?

    「日本では、マスクを着ける習慣が以前からありますよね。花粉症やアレルギー、乾燥対策、そして、風邪やインフルエンザなどのウイルス対策などに。自分の身を守るためもあるでしょうが、咳やくしゃみをして、誰かにうつしてはいけないという他人への配慮も、そこにはあると思います。

     今、私のまわりでは、日本人の、このマスクを着ける習慣が称賛され、取り入れようとする人が増えています」

    靴を脱いで家に入る日本流が、パリでも広がっている

     パリの多くのアパルトマンでは、ほかにも新しい習慣が始まっているようです。

    「欧米では、家の中でも靴を履いているのは、よく知られたこと。私自身は、帰宅したら玄関で靴を脱いで、家の中ではスリッパという生活をずっと続けてきました。どうやら、同じような人が出てきたみたいで……。
    我が家のアパルトマンでも、気が付けば各戸の前の廊下にはいろいろな靴がずらり。そこで脱いで、家の中ではスリッパや室内用の靴に履き替える習慣が定着しつつあるようです。

     でも、さすがに、共有の廊下に私物が並ぶのは邪魔になりますし、見た目もよろしくないということで、なぜか家主組合の理事長のようになっている(笑)夫のクロードの呼びかけで、今はみなさん、脱いだ靴は家の中にしまうようになりました」

     さらに、日本人の静かなしゃべり方まで注目されているそう。
    「ラテン民族のフランス人は、話すときの身振り手振りが大きくて、ハグや握手も日常のこと。口角泡を飛ばす議論も大好きで、盛んに行われます。
    それはそれで互いの気持ちがわかりやすいし、情熱的で明るくて、いいところもたくさんあります。けれども、会釈やおじぎ、物静かに話すという日本人の穏やかで礼儀正しい佇まいが、私の知人たちの間で注目されるようになってきたことは事実です」

    (略)
    7/16(木) 8:47 女子SPA!
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f0a95e47c86de94d6e9e21c811a3d26110e5408

    【マスクにスリッパ…日本人の評価がパリで爆上がり。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ■忍【LV8,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/07/02(木)18:22:47 ID:???

    ジュエリー修理・リフォーム専門店のRITZ GLANDE(リッツグランデ)は、未使用・未開封の通称「アベノマスク」との交換で 
    15,000円相当のダイヤモンドルースをプレゼントするキャンペーンを、2020年6月29日より平日限定で開始いたします。
    株式会社一宝(所在地:北海道札幌市、代表取締役:懸谷正人)が運営する、ジュエリー修理・リフォーム専門店のRITZ GLANDE
    (リッツグランデ)は、政府が配布する布マスク、通称「アベノマスク」(未使用・未開封)と交換で、15,000円相当の
    ダイヤモンドルースをプレゼントするキャンペーンを、2020年6月29日より平日限定で開始いたします。

    深刻なマスク不足が徐々に解消されつつある中、不要になったマスクを活用いただくべく始める取り組みで、集まったマスクは
    すべて札幌市内の介護施設・児童養護施設などに寄付いたします。

    ■キャンペーン概要

    RITZ GLANDEにご来店の女性のお客様限定で、未使用・未開封の「アベノマスク」と交換で、1枚につき0.05ct、約15,000円相当の
    ダイヤモンドルース(裸石)をプレゼントいたします。

    [キャンペーン期間]2020年6月29日(月)~8月31日(月)の土日祝日を除く、平日
    [キャンペーン対象者]女性のお客様(1日15人まで先着順)
    [プレゼント内容]0.05ctのダイヤモンドルース(15,000円相当)
    >>2枚の場合は0.10ctを1粒または0.05ctを2粒
    [寄付先]札幌市内の介護施設・児童養護施設など
    [申込み]RITZ GLANDE店舗へ直接お持込みください。事前のお申込みは不要です。

    ※マスクは未使用・未開封品に限ります
    ※お一人様1回限り

    (以下略)

    6月24日
    https://www.value-press.com/pressrelease/246647

    ■関連スレ
    【マスク】「“アベノマスク”寄付でお得」はダメ? 善意で始めたつもりが「法律違反かも」警察から指摘相次ぐ[R2/6/23]
    https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592911003/
    【【アベノマスクがダイヤモンドに】札幌のジュエリーリフォーム専門店が交換キャンペーンを開始 →古物商違反にあたる可能性も!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ■忍【LV4,キャットフライ,SB】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/04/06(月)21:05:12 ID:???

    コロナ禍をうけてマスクの品薄状態が続き、通常はマスクを製造していない会社がマスクの生産に乗り出す「異業種マスク」が
    話題を呼んでいます。
    そんななか、女性の下着をおもに縫製するAtsumi Fashion(@AtsumiFashion)が、「ブラジャー屋が本気出してみた」と
    レースがついたピンクのマスク画像をツイートしたところ、5.3万リツイートと23万いいね!がつきました。

    (以下略)

    まいどなニュース 4月6日
    https://maidonanews.jp/article/13271414

    https://twitter.com/atsumifashion/status/1243712099336871938?s=21
    【【マスク/画像】ブラジャー屋の本気マスクが「ブラジャー過ぎる!」と話題…社会貢献に取り組む下着メーカーに聞いた[R2/4/6]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 20/02/18(火)14:29:41 ID:???
    ※ 神戸市中央区脇浜海岸通1の神戸赤十字病院で、保管するマスク6千枚が盗まれていたことが18日、関係者への取材で分かった。

    関係者によると、マスクは医療現場や医療用に使用される「サージカルマスク」で、1箱50枚入り。120箱が盗まれたという。

    マスクは段ボール箱に入った状態で、3階の機械室に保管されていた。13日の点検で段ボール4つがなくなっていたという。普段、機械室は施錠されており、3階は限られた職員しか立ち入ることができない。

    同病院は17日、葺合署に被害届を提出。同署は窃盗事件として捜査している。

    (略)
    2/18(火) 12:23 神戸新聞NEXT
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000014-kobenext-soci

    【神戸赤十字病院でサージカルマスク6千枚盗難】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    インフルエンザウイルスは感染力が高く、予防にはウイルスになるべく触れないことが重要となる。厚生労働省は、体調に不安がある場合は人混みを避けるほか、外出後は手洗いとうがいをするよう呼びかける。一方、マスクをすることは「感染拡大を防ぐのに有効だが、自分を守る手段としては推奨していない」(同省担当者)という。 

     インフルの感染経路には、患者のせきやくしゃみで飛んだウイルスを吸い込むことによる「飛沫(ひまつ)感染」と、ウイルスのついたドアノブなどを触った手で口や鼻に触れることでウイルスを取り込む「接触感染」がある。患者がマスクをしてウイルスを飛ばさないようにすることは重要だ。 

     一方、感染予防としてマスクをすることはウイルスを吸い込む危険を低減させるが、防毒マスクのようなものでなければウイルスを完全に防ぐことは難しい上、接触感染は防げない。 

     国立感染症研究所によると、症状がなくなった後も患者の体からはウイルスが排出され、成人では発症から5日後、子供では発症から10日後くらいまで他人に感染させる恐れがある。患者は無理せずにゆっくり休むことが感染拡大の防止につながる。 

     症状が出なくても感染している「不顕性感染」やインフルにかかっていると気づかない患者がいることも考えられる。睡眠や休息を取り、加湿器を使って部屋を適切な湿度(50~60%)に保つなど、普段からできる予防も心がけたい。 

    http://www.sankei.com/life/news/180126/lif1801260043-n1.html
    【【社会】インフル予防にマスクは「推奨していない」厚生労働省 】の続きを読む
        

    PAGE TOP

    Top